ギリシャの誉れ真鍮の巨人

Translated into Japanese by Yumiko Koizumi

Forty years ago, I went to America to study, because Japan nearly locked the door on my future as a professor of English. America opened the door to equality of the sexes in the workplace for me. 

Yumiko Koizumi is Professor of English at Ibaraki University in Japan, where she teaches American Poetry.  She is one of the four translators of The Poems of Emily Dickinson (2019).  She has published essays on American Women Poets such as Dickinson, Plath, and H.D.  She is currently writing a book on Emily Dickinson.

ギリシャの誉れ真鍮の巨人、大地に両足を大きく開き
人々を征服するための手足を有するその巨人とは異なる 、
今海水に洗われた日没のゲートに
トーチを持った巨大な女が立ち現れるであろう。
その名は亡命者の母。彼女のかがり火から、
全世界に向け歓迎を伝える。
その慈悲深い眼差しは姉妹都市を形成する
空の架け橋、港を見渡す。
「古代の地よ、過去の栄華を保て!」彼女は声なき声を上げる。「自由に呼吸することを切望する、疲労困憊し、貧しく、寒さで震える大衆を我地に来たらしめよ。民衆でごったがえす岸辺で、行き場のない人々
浮世の荒波に翻弄された人々を私の元へ
金色のドアーの脇で私はトーチを掲げている。」

Back